スタッフ インタビュー

ひだまりの介護は、ご利用者様一人ひとりに対し、安全・安心にご利用していただけるために、また一人ひとりの尊厳を大切にできるように、日々の業務・勉強に励んでおります。

介護のプロとして、各専門分野で活躍するスタッフがどんな目標を持ち、日々どんな活動をしているのかをここでご紹介します。

○認知症介護と正面から向き合う

私は現在、高岡市蓮花寺にある「グループホームひだまり高岡」の管理者として、ケアマネージャーとして所属しております、「ひだまり」の高井と申します。

私が管理している「グループホームひだまり高岡」には認知症介護と正面から向き合う経験豊かなスタッフが大勢働いています。またスタッフ全員、日々「笑顔」「感謝」の気持ちを大切にしながら、心の架け橋となるための努力を惜しみません。

臨機応変に柔軟な対応をして、利用者さんが時間に縛られず、自分のペースでゆったりとした時間を過ごせるように支援しています。
ご利用者様本人の出来る事や残存機能に働き掛けながら、自分の居場所をつくり、自分に自信を持ってもらえるような環境作りに心掛けています。
ご利用者様の思いに寄り添い、安心した生活が送れるよう、ご家族と職員が信頼関係を築いていきます。

​○決して一人で抱え込まないでください

当社、「ひだまり」はご利用者様、ご家族を総合的にサポートする為に現在まで事業を拡張してきました。ヘルパーステーション(訪問介護)、デイサービス、認知症対応型デイサービス、有料老人ホーム、各グループホーム、居宅介護支援事業所が真説、丁寧に対応しております。

このページをご覧になられている介護で悩まれているご家族の方々にささやかなながらアドバイスをさせて頂きます。

決して一人で抱えこまないでください。悩んだ時はお気軽に相談に来てください。
介護保険はそんな人の為の制度です。
まずは当社の親切なケアマネージャーがお話を伺います。

ご利用者様に合ったサービスを一緒に考えまてみませんか?

​○ご利用者様の個性を守る

 

世の中には非常に多くの職業がありますが、このページを見たあなた、介護事業所で専門職としてプロを目指しませんか。

介護保険事業所では多くの職種が協働し介護サービスを提供しています。当社では複数種類のサービス事業所を展開しており、介護支援専門員・介護福祉士・看護師・柔道整復師・整体師・栄養士・ヘルパー資格者など多様な資格者が協働しています。多職種が協働してはじめて形ある「サービス」となります。

どの職種に関しても共通して「個々」のご利用者様を見る目を大切にしています。要介護高齢者ひとりひとりに固有の生活歴があり、性格や価値観が違うのはあたりまえです。あたりまえとわかっていながらも専門職として利用者の個性を意識して見続けないと画一的サービスに陥ってしまうのも事実です。私たち「ひだまり」では利用者ひとりひとりの個性を尊重したサービス提供をめざしています。

私は「ひだまり」で働く前は、規模が大きい介護療養型医療機関で病棟介護職を経て介護支援専門員となり12年勤務しました。以前から感じていたことのひとつが事業所の運営に利用者さんを合わせようとするサービス提供で良いのかということです。事業所の規模が大きくなりすぎると個々の利用者への対応が難しくなるのかもしれません。

現在勤務している「ひだまり」は、一つ一つの事業所は小規模ながら複数種類の介護事業所を展開しています。この特性を活かしてこそ利用者の個性を尊重できると思います。 また、複数種類のサービス事業所を高岡市と砺波市で運営しています。職員にとっても自分に合った種類のサービス部門で通勤しやすいことも魅力のひとつです。

さらに、近年は認知症高齢者が国の予想を超えて増加している状況です。認知症となられても個人として尊重され、その人らしい生活を実現するためのサービス提供ができるかは重要な課題です。「ひだまり」ではグループホーム、認知症対応型デイサービスをはじめ、各部門で認知症高齢者のよりよい生活に向けての研鑽に力を入れています。

○資格はただの結果。大切なのは勉強する過程。

最後に、介護・福祉分野での就業を考えている皆さん。介護・福祉関係の専門学校等を卒業し各資格を取得されている方も増えていますが、他業種から転職する方も多いようです。

実は私も後者です。医薬品関連商社、産業機器・設備商社で働いていましたが、あるきっかけで介護療養型病院へ転職しました。全くはじめての分野での仕事だったので慣れるまで苦労はありましたが、上司から実務経験を満たせば国家資格の受験資格を取得できると教わり、まずは介護福祉士の資格取得を目標としました。

専門学校を卒業しないと取得できないと思い込んでいた国家資格を取得できたことは非常に大きな励みでした。その後は介護支援専門員となり今日まで仕事を続けられたのは、その時期ごとに目標とする資格とそのための実務・勉強があったことが大きいと思います。資格取得は結果であり、その前段階での勉強期間が重要です。「ひだまり」では職員の研鑽を大切にしています。

介護・福祉の仕事は利用者さんの生活全般に関わることが多い仕事です。日々の実務経験と研修を重ね、必要な資格取得を意識し専門職としてプロをめざしてみませんか!

​○「ありがとう」を大切に

 

私は法人本部にて総務・経理・労務等の事務全般を担当しています。

私が「ひだまり」に入社する前は、介護施設での勤務経験は全くありませんでした。
きっかけは、たまたま嫁ぎ先の義父が当時要介護5で義母が自宅介護をしていたこともあり、そこで初めて介護について興味を持つようになったことです。思い返せば、この会社で働くことになったのは、少なからずそのような「縁」があったのかなと思います。

勤務上は直接介護に従事する機会は無いのですが、介護現場と事務所が隣接していたため、利用者様とお話させて頂いたり、介護の現場を肌で感じることができます。

私の日々の仕事の内容は、職員の入退職管理や給与計算、会社の資金状態の把握や仕入れ先への支払い手続き等の他、各施設や管理者・職員のからの要望を集約して社長等に伝えたり処理したりと多岐に渡ります。裏方として介護職員を陰で支えたいと思いながら、日々仕事に取り組んでいます。

「ありがとう」のいっぱい詰まったひだまりで一緒に働いてみませんか。

ひだまり 

トータル・メディカル津沢株式会社

〒933-0826

富山県高岡市佐野1095-2

Tel 0766-25-3333  Fax 0766-25-3955

E-mail  ​info@hidamari-tmt.jp 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン